レーシック手術の種類 | レーシック手術の実際

レーシックの種類

レーシックの種類

現在行われているレーシック手術については下記の2種類「レーシック」「イントラレーシック」が主流です。
「アイレーシック」については術式的にはほぼ「イントラレーシック」であり使用する機種によってその名前がつけられています。
基本的にはその2種類を抑えておくことでレーシックについては理解できると思いますので必ず読んで理解しておいてください。

レーシック

 従来のレーシックのことです。マイクロケラトームでフラップを作成します。マイクロケラトームは角膜の表面を正確に薄く切開し、フラップを作るための、カンナのような役割を担う電動メスです。もちろんこのマイクロケラトームの刃は、1人1枚の使い捨てですが、このマイクロケラトームによるスラップの作成方法は医師個人の技術力によるため確実性に欠けるものとなっていました。

 

イントラレーシック

  フラップの作成にレーザー(イントラレーザー)を使用することから、より安全性が高く、最近の主流になっています。
イントラレーシックとは、コンピュータ制御によりレーザーを照射することによってフラップを作成するので、その断面の部分も非常に綺麗な仕上がりとなりまた、レーシックに比べて非常に薄いフラップを作ることができます。また、マイクロケラトームでフラップを作成する方法と比べても医師の個人的な技術によることはなくより正確にフラップを作成することができるようになってきたため、現在はイントラレーシックが主流になってきています。また現在ではZレーシックというものもあり、術後の回復が圧倒的に早く、炎症を最小限に抑えられることで注目を浴びています。

 

「レーシック」と「イントラレーシック」のレーシック手術の違いを動画で説明しているページ⇒こちら

 

アイレーシック

 アイレーシックとは、米アボット社の登録商標で「旧イントラレース社のフェムトセカンドレーザーFS60もしくは上位機種iFS」+「WaveScan ウェーブフロントシステムを用いたVISIX STAR S4 IRエキシマレーザー」の組み合わせで行う術式のことで、ひとつでも他の機種を使ったり、この機種でクリニック内(院内)の症例数の過半数以上を占めないとこの「アイレーシック」の名を使うことは禁止されるそうです。このアイレーシックの進化版が「iDesign LASIK(アイデザインレーシック)」です。
特徴としては、ひとり一人の異なる眼球虹彩模様の特徴を検査時とレーザー治療時に測定した位置合わせをすることで、個人の目に合わせた、より安全で精度の高いカスタムメイドの視力矯正手術が可能となっています。使用機種ははじめにも書いたようにすべて米国AMO社製の機器を使います。角膜形状をWaveScan(ウェイブスキャン)により計測Intralase FS60(iFSのクリニックもあり)でフラップを作りVISX STAR S4 IR(ビジックス スターS4 IR)でレーザー照射を行うことで角膜の曲率(角膜に入った光線の曲がり具合)を変えることによりピントが角膜上で合うように視力を矯正するのです。

 

 
 

レーシックの種類記事一覧

動画で見るレーシックの種類

レーシックとイントラレーシックの違いを動画にて解説している動画です。<<提供>> 錦糸眼科

≫続きを読む

 

レーシック丸分かり動画

 レーシック手術(屈折矯正手術)についてを理解するにはやはり動画が一番分かりやすいと思いますので「錦糸眼科」が動画を提供してくれていますのでレーシックの全てが分かる動画を掲載しておきます。No.1 レーシック ガイダンス 世界も認めたイントラレーシック<概要> 2006年12月 米国国防省発表「レー...

≫続きを読む

 
レーシック丸分かり
 
トップ クリニック比較 レーシックで矯正 レーシックの種類 レーシックの適応検査 レーシック手術の流れ