レーシックのリスクと対策|レーシックの実際

レーシックのリスク-感染症

レーシックのリスク

 レーシックは安全性が高い手術であるがゆえに人気が出てきており、有名人や著名人の多くの方もレーシックの施術をするのですが、以下のようなリスクについても実際にはあるということを理解することも必要です。
 ただ多くの場合時間がたてば回復する事例ではあります。 (施術方法によっては回避できる場合もあるのでよく読んでおいてください。)

感染症

 レーシック手術によってウィルスや細菌などの病原性の角膜炎や結膜炎が起きることがあります。
この原因としては手術中フラップの洗浄を怠ったり、手術で使用する器具の洗浄、消毒を怠ったりすることで起きる可能性があります。
なぜこのようなことが起こりえるのかというと最近のレーシック人気により手術費の価格競争があげられます。
本来、使い捨てにしなければいけないマイクロケラトーム(角膜を削るかんなのような機器)の刃などの器具を、使いまわしすることで経費を浮かすことにより低価格を実現していたりするのです。当サイトがお勧めするクリニックではそのようなことはまずありません。
 たとえば、開院以来感染症患者を出したことのない錦糸眼科の衛生管理は次のようになっています。

  ・手術前に抗生剤の点眼を行います。
  ・術者は執刀用手袋を着用して手術を行います。素手による手術は行いません。
  ・全ての手術室に洗浄器具を完備しております。
  ・マイクロケラトームは治療ごとに滅菌、消毒を行います。
  ・マイクロケラトームの刃は、1眼ごとに新しいものを使用します。
  ・フェムトレーザー・レーシックに用いる器具は、1眼ごとに新しいものを使用します。
  ・術中、眼から排出される分泌物は開眼器により吸い上げるため、スポンジ利用による
   吸収は行いません。
  ・手術中の洗浄は十分かつ丁寧に行います。
  ・手術器具は滅菌、消毒したものを使用します

  ※このような衛生管理を掲げているクリニックでは安心して施術を受けることができますね。

 
 
 
レーシック丸分かり
 
トップ クリニック比較 レーシックで矯正 レーシックの種類 レーシックの適応検査 レーシック手術の流れ